物日図鑑

2017年12月5日

9月の物日

9月・名月(ながづき)には、どのような物日があるのでしょうか。日の暮れが早くなり秋が深まるころ、夜が長い「夜長月(よながつき)」、秋雨が降る「長雨月(ながめづき)」が略されたものだと言われています。

夏休みも終わり、何か物寂しい気持ちもありますが、新しい学期がはじまれば、再び気持ちも一新することができるのではないでしょうか。とにかく、二学期には、運動会や、文化祭もあって、まさにスポーツ・芸術の秋の入口です。そして、食欲の秋であり、美味しいものを一杯食べて太る秋なので、9月から注意をしましょう。

とはいうものの、確実に日も短くなって秋へ近付いてはいるものの、まだまだ暑いのが最近の9月です。

【防災の日(9月1日)】

まず、学校へ今日から行かなければならないと思いきや、突然、防災の日(9月1日)で、防災訓練など参加しなければならないことになります。しかし、それは、私達自身のためです。

東日本大震災が起こって、尚更、防災の日に対してのモチベーションも高まったことでしょう。

【動物愛護週間(9月20日~9月26日)】

上野公園では、「動物愛護ふれあいフェスティバル」という催しも毎年開催されているようです。動物愛護週間(9月20日~9月26日)を地味な物日というかもしれませんが、ペットを愛する気持ちは、人間を愛する気持ち同等に大事と考えるべきではないでしょうか。

しかし、どうしても動物ということで、油断し、軽視してしまう時があるようです。まさに、動物愛護週間は、しっかり気持ちをあらためる期間です。

【敬老の日(9月第3月曜日)】

そして、9月には、敬老の日(9月第3月曜日)があります。父の日は、それほどインパクトがないとしても、敬老の日は、いまだ重要視している人たちが多くいます。

敬老の日だけ、おじいちゃん、おばあちゃんを敬うということではなくて、一年を通して大事にしていただきたいですね。やっぱり、人生を長く経験した人たちは、偉いと心の中で認識して欲しいのです。

敬老の日で、おじいちゃん、おばあちゃんが一番欲しいと思っているランキングトップは、「一緒に過ごす時間」ことです。もう、ある程度年齢をいってしまうと、個人差はありますが、物欲など薄れてしまい、 大好きな子どもさんやお孫さんとの時間が格別と考える傾向はあります。

お孫さんと一緒に、動物園にでも出掛けて行きませんか?帰りには、おじいちゃん、おばあちゃん持ちで、レストランへ行ったとしても、それは、忘れられない敬老の日の思い出です。

とはいうものの、第二位の敬老の日欲しいものランキングでは、商品券ということなので、決して物欲をまだまだ見失っていない若いおじいちゃん、おばあちゃんが最近では多いです。

まだまだおじいちゃん、おばあちゃんにも現役で頑張っていただきたいですね。

【秋分の日(9月23日頃)】

そして、私達は、秋分の日(9月23日頃)において、秋を自覚することになります。「秋分」とセットでやってくると考えてもいいのが秋のお彼岸です。2018年・平成30年の彼岸入りは、9月20日(木)、中日・秋分の日は、9月23日(日)、彼岸明けは9月26日(水)です。秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間です。


母の日にバラを贈ろう
母の日のプレゼント特集